火を吹くタンチョウ: 北海道でのおどろきの瞬間【8回目の挑戦】

※当サイトは、アフェリエイト広告を利用しています。
※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。
火を吹くタンチョウ 関心事

「火を吹くタンチョウ」は、北海道で撮影された美しい写真のことを指します。

寒さによりタンチョウの息が白くなり、朝日の光により息がオレンジ色に染まります。

その姿は、まるで火を吹いている鳥のように見えます。

この写真は新潟県在住の写真家、Koki Uedaさんが撮影しました。

彼は冬の晴れた日の日の出直後に、タンチョウが来て鳴く瞬間を捉えるために、その瞬間を待ちました。

そして、7回の挑戦を経て8回目でようやく撮影することができました。

この美しい写真は多くの人々を魅了し、SNS上で称賛の嵐を巻き起こしました。

自然の美しさとその一瞬を捉える写真家の技術が結びついた結果生まれた、幻想的な光景です。

実際に「火を吹く鳥」という表現は一般的には使われませんが、火にまつわる鳥の話があるとは知りませんでした。

人間以外が、火を道具として扱う知恵があることに驚きました。

1. 火を吹くタンチョウとは何か?

「火を吹くタンチョウ」とは、北海道で撮影された美しい写真のことを指しています。

この写真は、タンチョウが息を吹き出す様子を捉えています。

寒さによりタンチョウの息は白くなりますが、朝日の光により息がオレンジ色に染まります。

それが、まるで火を吹いている鳥のように見えるのです。

2. この写真は誰が撮影したのか?

この写真は新潟県在住の写真家、Koki Uedaさんが撮影しました。

場所は北海道阿寒郡鶴居村です

鶴居村での公式サイトによれば、例年12月中旬から下旬にかけて、100羽以上のタンチョウが飛来するそうです。

奇跡の一枚の写真は長期に渡る挑戦と努力の末にKoki Uedaさんが撮影することに成功した。

とても貴重な一枚だったのです。

この写真を撮影するために、チャレンジしなければいけない条件は以下のとおりです。

  1. 冬の晴れた日
  2. 日の出直後タイミング
  3. タンチョウが来て鳴く

この複数の条件が満たされ無いため結果はすべて失敗という年月を7回送りました。

死して全ての条件が重なることを待ち、8回目のチャレンジでようやく撮影することができました。

3. これまでに同様の現象は撮影されたことがあるのか?

このような現象は、写真に収めることができたのは、Koki Uedaさん情熱のおかげだと思います。

写真のような光景を自分も撮影したいと数年前から思い描き、チャレンジし続けた結果だと思います。

自然の美しさとその一瞬を捉える写真家の技術が結びついた結果このような珠玉の1枚が生まれたのです。

4. 他の地域や国で火をふく鳥は存在するのか?

「火を吹く鳥」についての具体的な事実は存在はありませんでした。

しかし、火にまつわる鳥の話がありましたので、そちらもをご紹介します。

火を使って狩りをする鳥

オーストラリア北部に生息する鳥が「火を使って狩りをする鳥」については確認されています。

  • 「Milvus migrans (トビ)」
  • 「Haliastur sphenurus (フエナキトビ)」
  • 「Falco berigora (チャイロハヤブサ)」

この3種類の猛禽類が、獲物となる小動物をおびき出す目的で火を扱っていることが報告されています。

これらの鳥は、実に恐ろしい方法を体得しております。

その方法は火のついた枝をくわえて運び、草むらに投下して火を広げるという方法です。

そして、その周辺に住む小さなほ乳類やトカゲ、昆虫を逃げ出させてから狩るとのことです。

このように、鳥は単独や集団で狩りに火を利用していることが確認されています。

火を運ぶ鳥

オーストラリアのノーザンテリトリーには、古来から「火を運ぶ鳥」の存在が伝承されいます。

アボリジニー(オーストラリア大陸とその周辺の先住民族)の中に昔からの伝統儀式で登場します。

その伝統儀式は、火を運ぶ鳥を模写したものを持つ種族もあるそうです。

このような鳥の存在は、オーストラリアの東海岸から西海岸にかけた北側の地域に広く知られているそうです。

この儀式は先ほど紹介した、狩りに火を使う鳥たちの事で、昔から存在していたのではと考えられています。

もしかしたら、オーストラリアで頻発している火事の原因の一つかもしれませんね。

まとめ

以上が「火を吹くタンチョウ」についての詳細です。

この美しい写真は多くの人々を魅了し、SNS上で称賛の嵐を巻き起こしました。

自然の美しさとその一瞬を捉える写真家の技術が結びついた結果生まれた、幻想的な光景です

実際に「火を吹く鳥」という表現は一般的には使われませんでした。

しかし、火にまつわる鳥の話があると走りませんでした。

人間以外が、火を道具として扱う知恵があることに驚きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました