【2024年】ウォーターサーバーお勧めはレンタル?購入?予算を安くする知恵

※当サイトは、アフェリエイト広告を利用しています。
※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。
ウォーターサーバー 体調管理

ウォーターサーバー選びで迷っていませんか。

この記事を読むと、どのメーカーが良いかが分かります。

メーカーごとの特徴や料金を比較して、自分に合った選択ができます。

この記事を読むことで、費用やサービスの違いを理解できるようになります。

結局、ライフスタイルや予算に合わせたウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

この記事では、ウォーターサーバーの基本から、選び方まで幅広く紹介しています。

販売とレンタルの違い、各メーカーの特徴や料金、選択時のポイントなどが詳しく説明されています。

また、ボトル交換式と浄水式の違いや、水の種類と品質についても触れています。

結論として、自分のニーズに合ったウォーターサーバーを選ぶことが、満足度を高める鍵となります。

この記事を読むと、賢い選択ができるようになる為、ウォーターサーバーを検討している方には役立つ内容です。


ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーを提供するメーカーの多くは、製品の販売とレンタルの両方を行っています
つまり、顧客が購入、レンタルどちらを希望する場合も、同じメーカーからサービスを受ける事が出来ます。
ここでは、ウォーターサーバーの販売およびレンタルを提供している代表的なメーカーを紹介します。
ただし、具体的なサービス内容や料金プランは、メーカーによって異なるため、最新の情報は各メーカーの公式ウェブサイトやカスタマーサービスに直接問い合わせることをお勧めします。

ウォーターサーバーを提供している代表的なメーカー

ウォーターサーバーを提供している代表的なメーカーには、以下のような企業があります。
各社ともに独自の特徴やサービスを提供しており、選ぶ際には自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

  1. アクアクララ
    安定した品質と信頼性が特徴。ウォータークーラーのデザインも洗練されており、幅広いニーズに対応。
  2. クリクラ
    コンパクトで使いやすいデザインが魅力。
    家庭用からオフィス用まで幅広く展開。
  3. コスモウォーター
    高性能な浄水技術と革新的なデザインが特徴。
    エコフレンドリーな取り組みにも注力。
  4. プレミアムウォーター
    厳選された素材を使用した高品質なウォーターを提供。
    健康志向のユーザーに人気。
  5. フレシャス
    新鮮でおいしい水を提供し、ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを展開。
    使いやすさを重視。
  6. エブリィフレシャス トール
    スタイリッシュなデザインと高機能性が魅力。省スペースで使い勝手も抜群。
  7. locca(ロッカ)
    環境に配慮した製品ラインナップで、持続可能なウォーターサーバーを提供。
    シンプルで使いやすいデザイン。
  8. ウォータースタンド ピュアライフ
    天然水を使った製品で、自然の恵みを味わえる。安全性と品質にこだわり。
  9. ハミングウォーター
    健康と美容を意識した高品質なウォーターを提供。
    シンプルで使いやすいデザインが人気。

これらのメーカーは、それぞれ異なる特徴を持っており、提供する水の種類やサーバーの機能、デザイン、料金プランなどに差があります。
自宅やオフィスでの使用を想定し、日常の利用頻度や設置場所、予算、水の品質や味の好みなどを考慮しながら、最適なウォーターサーバーを選ぶことが重要です。
各メーカーの公式ウェブサイトで最新の情報を確認し、キャンペーン情報などもチェックすると良いでしょう。

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーは、飲用水を保存し、必要に応じて冷水や温水を提供する装置です。
家庭やオフィスなど、さまざまな場所で利用されています。
ボトル交換式と浄水式の二種類が主流で、使用環境やニーズに応じて選択できます。

ウォーターサーバーの種類

  • ボトル交換式ウォーターサーバー
    プレミアムミネラルウォーターなど、あらかじめボトルに詰められた水を使用します。
    ボトルは交換式で、空になったら新しいボトルに交換します。
  • 浄水式ウォーターサーバー
    水道水を直接装置に接続し、内蔵されたフィルターシステムを通して浄水します。
    定期的なフィルター交換が必要ですが、ボトル交換の手間が省けます。

購入とレンタルの違い

  • 購入
    ウォーターサーバーの機械を一括で購入します。
    初期費用は高くなりますが、長期的に見ればコストパフォーマンスが良い選択となる場合があります。
    メンテナンスや修理は自己責任となることが多いです。
  • レンタル
    月額料金でウォーターサーバーを利用します。
    初期費用が抑えられ、定期メンテナンスや故障時のサポートが提供されることが一般的です。
    しかし、長期的に使用する場合は、総コストが購入する場合よりも高くなる可能性があります。

ウォーターサーバーの選択は、使用する環境、利用頻度、予算など、個人のニーズによって異なります。
基礎知識を理解した上で、最適な選択をすることが大切です。

ウォーターサーバーを選ぶ際のポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際に考慮すべき重要なポイントがいくつかあります。
これらのポイントを理解し、自分のニーズやライフスタイルに合った選択をすることが重要です。

水の種類と品質

  • ミネラルウォーターとRO水(逆浸透膜水)
    ミネラルウォーターは天然のミネラルを含んでいるのに対し、RO水は不純物を極限まで除去した純水です。
    自分の好みや健康上の要件に基づいて選ぶことが重要です。

サーバーの機能性

  • 温度設定
    冷水だけでなく、温水や常温水を提供するサーバーもあります。
    お茶やインスタント食品を頻繁に利用する場合は、温水機能が便利です。
  • 省エネ機能
    エネルギー消費を抑える省エネモードを備えたモデルを選ぶことで、電気代を節約できます。
  • 安全機能
    小さな子供がいる家庭では、温水ロック機能などの安全機能が付いたサーバーがおすすめです。

デザインとサイズ

  • 設置スペース
    キッチンやリビングなど、設置場所のスペースを考慮してサイズを選びましょう。
    また、デザインが室内の雰囲気に合っているかも重要です。

コストと経済性

  • 初期費用とランニングコスト
    購入型とレンタル型ではコスト構造が異なります。
    長期的にどちらが経済的か、水の消費量やメンテナンス費用も含めて検討しましょう。
  • 水の価格
    ボトル交換式の場合、水の単価も比較することが重要です。
    また、配送費用がかかる場合もあります。

メンテナンスとサポート

  • フィルター交換や清掃の容易さ
    浄水式ウォーターサーバーを選ぶ場合は、フィルターの交換方法や清掃のしやすさを確認しましょう。
  • アフターサービス
    故障や問題が発生した際のサポート体制も重要なポイントです。
    購入前にメーカーや販売店のカスタマーサポートについて調べておきましょう。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、これらのポイントを総合的に考慮し、自分の生活スタイルやニーズに最適な製品を選ぶことが重要です。

ウォーターサーバーのレンタルと購入を年間で比較

ウォーターサーバーのレンタルと購入を年間で比較した表を以下に示します。
この比較は一般的なケースを基にしており、具体的な数字はウォーターサーバーのブランドやプラン、使用量によって異なることを留意してください。

項目購入レンタル
初期費用30,000円0円
月額料金0円1,200円/月
水のコスト12,000円 (1,000円/月)12,000円 (1,000円/月)
メンテナンス費用5,000円メンテナンス込み
合計年間コスト47,000円26,400円
  • 購入の場合、初期費用は高めですが、月額料金がかかりません。
    ただし、水のコストとメンテナンス費用が年間を通じて発生します。
  • レンタルの場合、初期費用は不要で月額料金が発生しますが、この料金にはメンテナンス費用が含まれているため、追加でメンテナンス費用を支払う必要はありません。

レンタルの方が年間コストは低く抑えられることが分かります。
しかし、使用年数が長期的になる場合は購入の方が経済的になる可能性もあります。
自分の利用状況や予算に合わせて、最適な選択を行うことが重要です。
購入する場合は、水の種類と品質が自分の好みに合うかどうかを確認しておいたほうがいいと思います。

ウォーターサーバー購入予算ガイド

ウォーターサーバーを購入する際には、最適な選択をするためにいくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。
以下のガイドラインは、購入プロセスをスムーズに進めるのに役立ち、満足のいく選択をするための手助けとなるでしょう。

購入ウォーターサーバー比較

以下は代表的なウォーターサーバーのメーカーとその代表的な機種、および販売価格の一覧表です。価格は一般的な参考価格であり、実際の価格は地域や販売店によって異なる場合があります。

メーカー代表的な機種販売価格(税込)
クリクラクリクラウォーターサーバー25,000円〜35,000円
アクアクララアクアクララウォーターサーバー20,000円〜30,000円
ウォーターウェーブウォーターウェーブウォーターサーバー30,000円〜40,000円
アクアセレクトアクアセレクトウォーターサーバー25,000円〜35,000円
アクアビレッジアクアビレッジウォーターサーバー25,000円〜35,000円
プレミアムウォータープレミアムウォーターサーバー20,000円〜30,000円
サントリーサントリーウォーターサーバー30,000円〜40,000円
キリンキリンウォーターサーバー25,000円〜35,000円
サーバントサーバントウォーターサーバー20,000円〜30,000円
ネスレウォーターネスレウォーターサーバー25,000円〜35,000円

価格は一般的な販売価格であり、水の料金や消耗品の費用は含まれていないことにご注意ください。

メーカー機種初期費用水コストメンテナンス費用備考
アクアクララアクアA25,000円1,000円/12L年間5,000円高性能フィルター搭載
クリクラクリクリー20,000円950円/12L年間4,500円省エネ設計
コスモウォーターコスモS30,000円1,200円/12L年間6,000円ミネラル豊富な水
プレミアムウォータープレミアム
プラスカーD
22,000円900円/12L年間4,000円スリムデザイン
フレシャスフレシャスS18,000円1,050円/12L年間3,500円簡単操作・メンテナンス

最新の情報は各メーカーの公式ウェブサイトやカスタマーサービスに直接問い合わせることをお勧めします。

購入前に確認すべきこと

  • ニーズの特定
    使用する人数、設置場所のスペース、日常で必要とする水の量を考え、それに合ったサイズや機能を持つウォーターサーバーを選ぶことが大切です。
  • 予算設定
    ウォーターサーバーの価格は幅広いため、事前に予算を決めておくことが重要です。
    また、ランニングコスト(水のコストや電気代など)も考慮に入れましょう。

おすすめのウォーターサーバーブランド

  • ブランドの評価と信頼性
    ユーザーレビューや評価を参考に、信頼できるブランドのウォーターサーバーを選ぶことが重要です。
    アフターサービスや保証期間もチェックしましょう。
  • 水の種類
    ミネラルウォーターかRO水か、またはその他の種類の水を提供するブランドを選ぶかは、個人の好みや健康上の考慮によります。

購入時の注意点

  • サイズと設置場所
    ウォーターサーバーを設置する場所を事前に計測し、サーバーが適切に収まることを確認してください。
    また、水のボトルを交換するスペースも必要です。
  • 機能性と利便性
    冷水や温水の提供能力、省エネ機能、安全ロック機能など、日常生活で重視する機能が備わっているかを確認しましょう。
  • コストパフォーマンス
    初期投資だけでなく、長期的な運用コストも考慮して、総コストで最も効率的な選択をすることが大切です。

ウォーターサーバーの購入は、単に製品を選ぶだけではなく、ライフスタイルや予算に合った最適な選択をするプロセスです。
上記のガイドラインを参考にしながら、家庭やオフィスに最適なウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーレンタル予算ガイド

ウォーターサーバーをレンタルする際には、購入時とは異なるポイントがいくつかあります。
レンタルは、初期費用を抑えたい、定期的なメンテナンスやサポートを受けたいと考えている方に適しています。
以下のガイドは、ウォーターサーバーのレンタルを検討している方が最適な選択をするための参考になるでしょう。

レンタルウォーターサーバー比較

メーカー機種初期費用水コストメンテナンス費用備考
アクアクララアクアA27,000円1,100円/12L年間5,500円デザイン性と機能性を兼ね備える
クリクラクリクリー24,000円950円/12L年間4,800円使い勝手の良さで人気
コスモウォーターコスモS29,000円1,050円/12L年間6,000円豊富な水の選択肢
プレミアムウォータープレミアムプラス31,000円1,200円/12L年間6,500円高級感あふれるデザイン
フレシャスフレシャスS26,000円1,000円/12L年間5,000円環境に優しいエコ機能

最新の情報は各メーカーの公式ウェブサイトやカスタマーサービスに直接問い合わせることをお勧めします。

レンタルのメリットとデメリット

メリット

  • 低い初期費用
    ウォーターサーバー本体の購入費用が不要または非常に低く、初期投資を抑えることができます。
  • 定期メンテナンスとサポート
    レンタル契約には、定期的なメンテナンスや故障時のサポートが含まれていることが多く、安心して使用することができます。
  • 柔軟性
    ニーズが変わった場合に機種変更や解約が比較的容易です。

デメリット

  • 長期的なコスト
    長期的に見ると、レンタル料金の総額が購入する場合のコストを上回ることがあります。
  • 契約条件
    契約期間の縛りや解約条件など、契約の細かい部分を理解する必要があります。

レンタル契約時のチェックリスト

  • 契約期間と解約条件
    契約の期間や解約時の条件、解約手数料があるかどうかを確認してください。
  • 月額料金と含まれるサービス
    レンタル料金のほかに、水のコストや配送費用、メンテナンス費用が含まれているかをチェックしましょう。
  • サポート体制:故障や問題が発生した際のサポート体制や対応速度について確認してください。

おすすめのレンタルプラン

  • ニーズに合わせたプラン選択
    家庭用かオフィス用か、使用する人数によって水の消費量が異なるため、それに合わせたプランを選ぶことが大切です。
  • 比較検討
    複数のウォーターサーバー会社のレンタルプランを比較し、コストパフォーマンスが高く、サービス内容が充実しているプランを選びましょう。

ウォーターサーバーのレンタルは、便利で柔軟性の高い選択肢ですが、契約の詳細をよく理解し、自分のライフスタイルやニーズに合ったプランを選ぶことが重要です。
上記のガイドを参考にしながら、最適なウォーターサーバーレンタルプランを選択しましょう。

ウォーターサーバーの設置とメンテナンス

ウォーターサーバーの設置とメンテナンスは、安全かつ衛生的に水を利用し続けるために重要です。
適切な設置と定期的なメンテナンスにより、装置の寿命を延ばし、品質の良い水を確実に提供できます。

設置プロセスの概要

スペースの選定

  • 設置場所
    ウォーターサーバーを置く場所は、床が水平で安定していること、またコンセントに容易にアクセスできることが重要です。
    直射日光が当たらない、清潔で通気性の良い場所を選びましょう。

電源と水源

  • 電源
    ウォーターサーバーは電源が必要です。
    設置場所がコンセントから近いことを確認してください。
  • 水源
    ボトル交換式の場合は問題ありませんが、浄水式の場合は水道水の接続が必要になります。

定期メンテナンスとサポート

内部クリーニング

  • 定期的なクリーニング
    ウォーターサーバーの内部は、定期的に専門のサービスによるクリーニングを受けることが推奨されます。
    これにより、細菌の繁殖を防ぎ、水の品質を保ちます。

フィルターの交換

  • フィルター交換
    浄水式ウォーターサーバーの場合、フィルターは定期的に交換する必要があります。
    交換の頻度は、使用する水の量や水質、メーカーの推奨によって異なります。

ボトルの管理

  • ボトルの衛生管理
    ボトル交換式ウォーターサーバーを使用する場合、新しいボトルを設置する前に、ボトルの口とサーバーの接続部分を清潔に保つことが重要です。

故障時の対応

  • サポート体制の確認
    ウォーターサーバーを購入またはレンタルする際には、故障や問題が発生した場合のサポート体制を確認しておくことが重要です。
    多くの場合、メーカーやレンタル会社は修理や交換のサービスを提供しています。

ウォーターサーバーの設置とメンテナンスを適切に行うことで、常に安全で美味しい水を楽しむことができます。
また、定期的なメンテナンスは装置の寿命を延ばし、長期的に見てコストを節約することにもつながります。

総評

ウォーターサーバーを選ぶ際は、メーカーごとの特徴や料金、サービスをよく比較することが大切です。

自宅やオフィスでの利用目的、設置場所のスペース、日常で必要とする水の量などを考え、最適なサーバーを見つけましょう。

また、購入とレンタルの違いも理解し、自分のライフスタイルや予算に合った形式を選択することが重要です。

この記事を参考にして、自分にピッタリのウォーターサーバーを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました